司法書士は創業者の良きパートナー

【司法書士は創業者と関わりが深い士業】
司法書士に相談できる仕事は多岐にわたります。司法書士にしかできない業務の代表格は、登記に関する業務です。登記とは、不動産や会社などに関する権利関係を法務局に届けることです。
創業者と深く関わるのが、会社設立の際の登記代行です。会社設立には、複数の書類が必要です。どの書類も細かな注意点があります。会社設立の登記は、創業者が自分で行うことも可能ですが、多くは司法書士が書類の作成や手続きを代行しています。

【定款は最初にある程度お金をかけて作成した方がよい】
会社設立時に必ず作成する書類の一つに「定款」があります。定款の作成には、発起人の全員が署名・記名捺印をして、公証人の認証が無ければなりません。それらが無いと、定款は有効になりません。
最近では、定款のフォーマットがネットで多数ヒットします。しかし、経営者の思いを本当に反映させたいと思うなら、一社ごとに異なる定款が必要になります。
事業が動き始めてから、定款を再度変更することも不可能ではないものの、時間もお金も余分にかかってしまいます。会社設立時にある程度お金をかけ、司法書士に相談して定款を作成した方が、最終的に安くあがります。

【司法書士は創業後も相談できる】
司法書士への相談は、創業日が明確に決まった時点でするようにしましょう。相談料は無料のところもあります。東京の司法書士会では無料の相談会を行なっている場合もあります。
創業後も、司法書士は創業者にとって良いパートナーです。役員の変更がある時に、司法書士に相談する創業者は少なくありません。
また、司法書士は、相続や交通事故に関しても幅広く知識を持っている人が多いので、従業員で親族が他界したというようなケースで、司法書士が活躍します。

【東京の司法書士が得意とするのはどんな業務?】
東京の司法書士会に所属する司法書士は、会社設立手続きに強い人が多いのが特徴です。起業イベントに積極的に参加して、起業家との交流を持つ司法書士が少なくありません。ベンチャーキャピタルからの依頼が多い司法書士も居ます。
また、ストックオプションに強い司法書士が多いのも、東京の司法書士会に所属する司法書士の特徴です。創業者向けのストックオプションの発行をサポートしているストックオプションの司法書士も少なくありません。

タイトルとURLをコピーしました